ホーム > DBJ News > 2017年02月 > [[News]]野村不動産マスターファンド投資法人に対し、 ...

DBJ News

2017年02月17日

[[News]]野村不動産マスターファンド投資法人に対し、
「札幌ノースプラザ」ほか7棟にかかる
DBJ Green Building認証を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、野村不動産マスターファンド投資法人(本社:東京都新宿区、執行役員:栁田聡)が運用するオフィスビル「札幌ノースプラザ」、「SORA新大阪21」、「NMF川崎東口ビル」、物流施設「相模原大野台ロジスティクスセンター」、「相模原田名ロジスティクスセンター」、「枚方樟葉ロジスティクスセンター」、商業施設「イズミヤ千里丘店」、「イズミヤ八尾店」に対して、DBJ Green Building認証を実施しました。

 今回の認証では、以下の点を評価しました。

(1)野村不動産マスターファンド投資法人が、野村不動産ホールディングス株式会社の「野村不動産グループ環境理念」に則り、各物件のエネルギーデータの把握を行う等、環境に配慮した物件管理を行い、ホームページ等を通じて積極的に情報を発信している点
(2)「札幌ノースプラザ」においては、専有部全体でのLED照明化、氷蓄熱システムの採用等により、高い環境性能を有している点や、契約雛型にグリーンリース条項を設け、運用面も含め積極的に環境配慮に取り組んでいる点
(3)「相模原田名ロジスティクスセンター」等の物流施設においては、競争力の高い設備・スペックを備えると同時に、リフレッシュコーナー、医務室など、従業員の労働環境に配慮した独自の取り組みがなされている点

 その結果、「札幌ノースプラザ」、「相模原田名ロジスティクスセンター」については「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として、「SORA新大阪21」、「相模原大野台ロジスティクスセンター」、「枚方樟葉ロジスティクスセンター」については「非常に優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として、「イズミヤ千里丘店」、「イズミヤ八尾店」については「優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として、「NMF川崎東口ビル」については、「十分な「環境・社会への配慮」がなされたビル」として、それぞれ認証を付与しました。

 DBJ Green Building認証制度については、一般財団法人日本不動産研究所との共同運営サイト(下記URL)をご覧ください。
http://igb.jp/index.html

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   都市開発部 電話番号 03-3244-1710

ページ先頭

ページトップへ