ホーム > DBJ News > 2017年04月 > [[News]](株)三越伊勢丹ホールディングスに対し、 ...

DBJ News

2017年04月17日

[[News]](株)三越伊勢丹ホールディングスに対し、
「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」に基づく
融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社三越伊勢丹ホールディングス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:杉江俊彦、以下「三越伊勢丹」という。)に対し、「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」に基づき融資を実施しました。

 「DBJ健康格付」融資は、独自の評価システムにより、従業員への健康配慮への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「健康経営格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 三越伊勢丹は、国内外に百貨店「三越」「伊勢丹」等を展開する企業グループです。経営理念「世界随一の小売業サービス」を実現するために「三越伊勢丹グループ健康ビジョン」を宣言し、従業員が持てる力を最大限発揮でき、安心して働くことができる職場環境づくりと心身の健康保持増進に取り組んでいます。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

 (1)グループ健康ビジョンを実現するべく、健康保険組合、労働組合、共済会らと連携した健康経営の推進体制を組織し、平成29年4月の自走化に向けた準備を進めている点
 (2)労働災害の原因を特定しハード・ソフト面での対策を講じ安全な職場環境の整備に注力しているほか、健康管理推進室を中心に各従業員に対する生活習慣病対策等をクリエイティブプランとして定め、きめ細やかに対応している点
 (3)ストレスチェックの組織分析結果を職場活性化活動に向けた情報として活用するほか、株式会社三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズが開発したメンタルヘルス教材を用いて、実務に沿った教育を展開している点
 (4)抜本的な働き方改革の一つとして、定休日の復活や営業時間短縮、年始の営業日を1月3日からとする等、社員の働き方に配慮した具体的な取り組みを順次展開している点

 その結果、「従業員の健康配慮への取り組みが優れている」という格付を取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、健康経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   企業金融第3部 電話番号 03-3244-1990

ページ先頭

ページトップへ