ホーム > DBJ News > 2017年05月 > [[News]]宇宙産業発展に向けた連携協力の 推進に関す...

DBJ News

2017年05月22日

[[News]]宇宙産業発展に向けた連携協力の
推進に関する協定を締結

 株式会社日本政策投資銀行(社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(理事長:奥村直樹、以下「JAXA」という。)と国内宇宙産業の更なる発展に向けた技術および金融の連携を目的として、平成29年5月17日、宇宙分野での連携協力の推進に関する協定を締結しました。

 世界の宇宙産業が大きく変革する中、本邦宇宙産業は、これまで重工メーカーや電子機器メーカーなどによる不断の技術革新が図られ、官需に求められる高度な技術水準が確立されてきた一方、本産業の規模・裾野を広げる上では少量生産型の官需産業から量産化・汎用化を通じた商用事業の創出が課題となっています。

 DBJは、これまで30年近くにわたって航空機産業を支援してきた投融資実績と、様々な産業と連携する中で培われてきた多種多様なファイナンス能力を有しています。加えて宇宙関連産業においては今まさに知見蓄積を進めている分野でもあり、DBJがファイナンスを今後展開していく上でも、本産業に特徴的な宇宙関連技術の複雑性・高度性の評価の難しさといった課題を克服する観点から、技術的知見・ノウハウを豊富に有するJAXAとの間で連携関係を構築していく必要があるとの認識から、今般、包括協定を締結しました。

 なお、DBJは、航空機製造業を対象に培ってきた投融資の取り組みを航空宇宙産業全般に広げていくことを目的として、平成29年4月1日付で航空宇宙室を発足させました。これまでファイナンス面での連携が少なかった宇宙産業を対象にリスクマネー供給の在り方を検討する上で、JAXA協力の下で「日本における宇宙産業の競争力強化」を平成29年5月22日に発行するなど、宇宙関連産業の更なる発展に向けた協力を行ってまいります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、航空宇宙産業の新たな価値の創出・国際競争力強化に貢献してまいります。

(ご参考)
 JAXA公表資料リンク:http://www.jaxa.jp/press/2017/05/20170522_dbj_j.html

【お問い合わせ先】
   航空宇宙室 電話番号 03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ