ホーム > DBJ News > 2017年07月 > [[News]](株) リサ・パートナーズとの東南アジアの中...

DBJ News

2017年07月31日

[[News]](株) リサ・パートナーズとの東南アジアの中堅企業を
対象とした共同運営ファンド組成について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社リサ・パートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:成影善生、以下「リサ」という。)と協働して、東南アジアの中堅企業を投融資対象としたJapan South East Asia Finance Fund L.P.(通称「JSEAFF」)を設立、運用を開始しました。

 少子高齢化、人口減少に直面する日本にとって、アジア諸国の経済成長を積極的に取り込むことは大変重要です。また、アジア諸国においても、さらに効率的に経済発展を加速させていくことが喫緊の課題です。

 こうした中、投融資慣行及び法制度等も異なる東南アジア各国を広く網羅するため、DBJグループ内外の連携を強化してきたところであり、その取り組みの一環として2013年5月よりリサと協働してJapan South East Asia Growth Fund L.P.(通称「JSEAGF」)の運用に取り組んできました。今般、かかる東南アジアにおける取り組みのさらなる推進のため、リサと協業して新たにJSEAFFを設立しました。

 JSEAFFは、今後も人口増加に伴い、経済成長が期待される東南アジアにおいて、同域内の需要拡大とともに成長が見込まれる中堅企業を投融資対象としております。かかる企業に対する提携や買収を通じて、東南アジア各国への進出意欲のある日系企業の海外進出支援にも貢献できるよう支援したいと考えています。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、海外でのさらなる成長を目指しているお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

<当ファンドの概要>

名称
Japan South East Asia Finance Fund L.P.
無限責任組合
South East Asia Finance Capital Inc.
有限責任組合員
株式会社日本政策投資銀行
株式会社リサ・パートナーズ
投資期間
3年
ファンド期間
7年

当ファンドのスキーム図



【お問い合わせ先】
   企業投資部 電話番号 03-3244-1140

ページ先頭

ページトップへ