ホーム > DBJ News > 2017年09月 > [[News]]BDA PartnersとのM&Aアドバイザ...

DBJ News

2017年09月08日

[[News]]BDA PartnersとのM&Aアドバイザリーに関する
業務提携について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、M&Aを活用したアジアなど海外への事業展開ニーズの高まりを受け、BDA Partners(本社:ニューヨーク、以下「BDA」という。)との間で、アジア・欧米等海外におけるM&Aアドバイザリーに関する業務協力協定(以下「本業務提携」)を締結しました。

 BDAは、平成8年に設立された独立系のグローバルM&Aアドバイザリー専業投資銀行です。本社の所在するニューヨークを始め、ロンドン、香港、上海、シンガポール、ホーチミンなど世界10カ国の拠点を軸としてアジア・欧米・中東・インドでグローバルに事業展開をしており、その広範なネットワークとクロスボーダーM&Aにおける豊富な実績と知見を活かし、世界中の顧客に質の高いサービスを提供し続けています。

 DBJは平成29年5月22日付で第4次中期経営計画~変化に挑み、未来を創る3年間~を発表しており、その一環としてアドバイザリー業務の強化に取り組んでおります。DBJはこれまでも融資・投資・アドバイザリー機能を三位一体で活用した金融サービスを提供してきましたが、今般の戦略的な業務提携の開始により、BDAの海外ネットワークと当行のM&Aアドバイザリー業務体制・国内外ネットワークとの相乗効果のもと、お客様に対して、より一層効果的かつ効率的に、海外M&Aのアドバイザリーサービスをご提供できることとなりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、お客様の成長に向けた取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   企業戦略部 電話番号 03-3244-1724

ページ先頭

ページトップへ