ホーム > DBJ News > 2017年11月 > [[News]](株)ダイフクに対し、「DBJ環境格付」に基...

DBJ News

2017年11月01日

[[News]](株)ダイフクに対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
~最高ランク取得企業として、環境配慮型経営への取り組みを一層進化~

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社ダイフク(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:北條正樹、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという、世界で初めての融資メニューです。

 当社は、モノを効率的に動かす保管、搬送、仕分け・ピッキングシステムの総合メーカーであり、物流システムのコンサルティングからアフターサービスまでトータルで提供するシステムインテグレーターとして、当該業界において世界No.1の売上高を誇っています。

 今回の評価では、以下の点を高く評価しました。

 (1)LCA評価を活用し環境に配慮した製品開発に努め、顧客の環境課題解決に貢献すると同時に、自社の高い技術力がもたらす環境価値を可視化すべくCO2削減貢献量をKPIに設定し、実績と共に開示している点
 (2)経営層を含めた協議を通じて中期経営計画と整合した「CSRアクションプラン」を策定し、グローバル一体で設定されたKPIに紐尽く活動に注力しつつ、滋賀事業所の立地を活かした生態系保全活動や自発的な環境学習制度を継続的に実施する等、日頃から身近な環境課題にも配慮することで従業員の意識醸成に取り組んでいる点
 (3)独自のアンケートを活用しながら主要取引先を対象に環境マネジメント体制や活動実績等を確認しているほか、調達先に対しCSR調達方針の説明会を実施する等、CSRに配慮したサプライチェーン構築を目指した取り組みがある点

 その結果、当社は、「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を継続して取得するとともに、過年度に取得した「DBJ BCM格付」「DBJ 健康経営(ヘルスマネジメント)格付」と合わせ、DBJが提供する評価認証型融資制度に基づく3つの格付全てにおいて最高ランクの格付を取得した関西初の企業として、今回さらに当社の環境配慮型経営に対する取り組みの進化や実績が評価されることになりました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、環境配慮型経営に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   関西支店 電話番号 06-4706-6455

ページ先頭

ページトップへ