ホーム > DBJ News > 2017年12月 > [[News]](株)肥後銀行および(株)鹿児島銀行との協働...

DBJ News

2017年12月20日

[[News]](株)肥後銀行および(株)鹿児島銀行との協働による
くまもと復興応援ファンドにおける通潤酒造(株)への投融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、九州フィナンシャルグループ傘下の株式会社肥後銀行(取締役頭取:甲斐隆博、以下「肥後銀行」という。)および株式会社鹿児島銀行(取締役頭取:上村基宏、以下「鹿児島銀行」という。)と協働で出資する「熊本復興応援投資事業有限責任組合」(以下「くまもと復興応援ファンド」という。)において、通潤酒造株式会社(本社:熊本県上益城郡山都町、代表取締役社長:山下泰雄、以下「当社」という。)への投融資を実施しました。

 くまもと復興応援ファンドは、地域事情に精通するとともに被災地域に広範なネットワークを有する肥後銀行および鹿児島銀行と投融資一体型の金融サービスを提供するDBJの連携のもと、平成28年熊本地震の被災企業に対する復旧・復興資金の供与を通じ被災地域の早期復旧・復興および再生の支援を図るため、平成28年7月に設立されました。

 当社は創業約250年の日本酒製造事業者で、西郷隆盛が宿泊した歴史的建造物を有するなど、熊本県内有数の歴史ある酒蔵を運営しています。伝統を守りつつ、近時は一年古酒の「蝉」や、地域に伝わる刀剣伝説にちなんだ「蛍丸」など、新しい銘柄も意欲的に生み出しております。熊本地震により酒蔵に被害を受けましたが、全社一丸となって復旧に取り組み、現在は従前どおりの体制で業務を行っております。

 当社は山都町の農家から原料米を調達しており地元の農業への波及効果が大きいほか、その歴史ある酒蔵は地域における観光拠点としての役割も期待されています。くまもと復興応援ファンドは、このような地域に貢献する当社の復旧・復興に向けた取り組みがファンド趣旨に合致するものとして、投融資を実施しました。

 DBJ、肥後銀行および鹿児島銀行は、引き続き、くまもと復興応援ファンドによる企業への投融資等を通じ、被災地域の復旧・復興および再生を支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   九州支店 熊本復興支援室 電話番号 092-741-7734

ページ先頭

ページトップへ