ホーム > DBJ News > 2018年04月 > [[レポート]]「わが国スポーツ産業の経済規模推計 ~日本...

DBJ News

2018年04月12日

[[レポート]]「わが国スポーツ産業の経済規模推計
~日本版スポーツサテライトアカウント~」を発行

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、同志社大学(学長:松岡敬)と共同で、このたび「わが国スポーツ産業の経済規模推計~日本版スポーツサテライトアカウント~」と題した調査レポートを発行しました。当レポートは、わが国で初めて国際比較可能かつ継続的な算出ができる形でスポーツ産業の経済規模を推計したものです。

 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催決定や2015年10月のスポーツ庁発足等を契機に、国や自治体、企業、競技関連団体等さまざまな主体がスポーツに注目しています。また、2016年6月に日本経済再生本部より発表された「日本再興戦略2016」では「官民戦略プロジェクト10」のひとつにスポーツの成長産業化が掲げられており、国内スポーツ産業の経済規模を5.5兆円から2025年までに15兆円に拡大することを目指すとされています。

 当レポートでは、英国等におけるスポーツ産業の経済規模算出方法として用いられている欧州スポーツサテライトアカウントに準拠する形で、伊藤元重東京大学名誉教授・学習院大学教授を顧問、庄子博人同志社大学助教を座長とする検討委員会にて議論を重ね、スポーツ庁および経済産業省の監修も得て、GVA(粗付加価値)での国内スポーツ産業経済規模の算出を行ったものです。その結果、2011年時点の国内スポーツ産業の経済規模は6.6兆円と推計され、英国よりも約2兆円大きい一方、国内産業全体のGVAに占めるスポーツ産業GVAの割合では、日本は英国の約半分にとどまっていることが明らかとなりました。また、今回の算出方法に基づけば、今後もスポーツ産業市場規模の継続的な推計が可能です。

 当レポートをご希望の方は、DBJウェブサイト「地域・産業・経済レポート」
http://www.dbj.jp/investigate/etc/index.html)に掲載していますのでご参照ください。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後ともわが国スポーツ産業の成長に貢献する情報発信を積極的に行ってまいります。


【お問い合わせ先】
   地域企画部 電話番号 03-3244-1633

ページ先頭

ページトップへ