ホーム > DBJの金融サービス > アドバイザリー > 技術事業化支援センター

技術事業化支援センター

概要

平成16年2月、製造業における技術開発成果の事業化をサポートするため、「技術事業化支援センター」を開設しました。同センターの役割は、技術を価値に変える経営力(=技術経営力)の評価、技術経営の視点から将来の事業モデルの調査分析・提案、および技術経営に関する研修事業を行うことであり、製造業における新しい価値創造を支援しています。
お客様をはじめ幅広く産業界とともに、世界的課題の解決のための技術経営戦略の検討などイノベーション(新結合)の視点からエコシステム(企業間の連携)と事業モデルづくりをサポートしていきます。事業審査のノウハウに基づくセカンドオピニオンの提供、事業戦略・財務戦略のご相談を含めて、お客様とともに最適な成長戦略とビジネスプランを考えます。
DBJは中立的かつ専門的な立場から、産業界のよきパートナーとして総合的なナレッジを提供することで、お客様の企業価値向上とわが国製造業の発展に貢献していきます。

図:製造業の環境変化

図:製造業の環境変化
  • 生産管理アドバイザリー(ものづくり戦略インデックス)
  • 技術事業化調査
  • 事業コンセプト構築への参加/サポート
  • 技術事業化に関するコンサルティング
  • 財務戦略・資本政策のご相談
  • M&A、事業価値評価のご相談
図:製造業の環境変化

MOT(技術経営)研修など人財育成事業

ページ先頭

ページトップへ