ホーム > DBJの金融サービス > 融資 > アセットファイナンス(不動産)

アセットファイナンス(不動産)

DBJは、1960年代から不動産事業への長期ファイナンスに取り組み、また、日本の不動産証券化市場には、その黎明期から参画し、市場の活性化に取り組んできました。こうした実績を通じて蓄積したノウハウとネットワークを活用しながら、ノンリコースファイナンスなど様々な形態のソリューションをご提供しています。

取組分野

事業タイプ|流動化型ファイナンス

  1. (例1)お客さまが自社で所有している賃貸用不動産をSPCに売却し、資本効率を向上
  2. (例2)お客さまが利用している不動産をSPCに売却した上で、新たに賃貸借契約を締結し、利用を継続

お客様のメリット
  1. 資金調達手段の多様化
    • 対象資産の収益力・キャッシュフローを活用した調達の実現
    • オリジネーター(対象資産の原所有者)の借入枠の温存
  2. オフバランスによる財務の効率化
    • ROA向上
    • 含み損益の計画的な実現
    • 有利子負債削減等の財務内容改善
    • 不動産価格の変動とリスクの切り離し

事業タイプ|開発型ファイナンス

(例)自社が所有する遊休不動産を、投資家の資金を活用して収益物件として開発

お客様のメリット
  1. 開発利益の実現
    • 自社のみでは資金調達が困難な不動産開発を実現
    • 追加的な必要投資や工事の遅延により、工事費が予定を超過するリスクを分散・コントロール
  2. オフバランスによるリスクコントロール
    • 自社の財務の健全性を維持
    • 不動産価格変動リスクの隔離

不動産の種類、お客様のニーズにお応えする
幅広い分野での不動産ファイナンスに取り組んでいます

オフィス、賃貸住宅、商業施設、ホテル、物流施設、それらの複合型施設、シルバー施設 等

DBJのソリューション

特徴

  • 多数の案件での豊富なアレンジメント実績、投融資実績を有しています
  • 実績に裏打ちされた国内外の有力投資家・金融機関とのネットワークを活用して、プロジェクトの実現のご支援、資金調達のアレンジメントを行っています
  • お客さまのニーズに合わせ、シニア~メザニンのデットファイナンスや、エクイティのご提供など、プロジェクトに応じたソリューションをご用意します
  • プロジェクトの円滑な実現のため、公正・中立な立場から適切なリスクの分散・関係者の利益実現を調整します

ページ先頭

ページトップへ