ホーム > DBJの金融サービス > 融資 > シンジケート・ローン

シンジケート・ローン

シンジケート・ローンとは

幹事金融機関(アレンジャー)が複数の金融機関を集めてシンジケート団を組成し、お客様に対し、単一の契約書で、同一の約定条件により協調してご融資を行う手法です。

主な参加者の役割

アレンジャー
お客様からの委任を受け、シンジケート団の幹事として、シンジケート・ローンの組成を行います。
参加金融機関(パーティシパント)
ご融資に加わる金融機関
エージェント等
ご融資の実行後、シンジケート団の代理人として、ご返済の資金決済事務やお客様とシンジケート団の間の連絡を行います。多くの場合アレンジャーが就任します。

メリット

  • 交渉窓口をアレンジャーに一本化することによる事務負担の軽減
  • エージェントを通じた資金決済事務など事務管理負担の軽減
  • 多額の資金の機動的な調達
  • アレンジャーによる招聘を通じた取引金融機関の拡大
  • お借り入れ条件の透明性の確保

DBJのサービス

  1. ターム・ローンを中心とした積極的な組成
  2. 中立的な立場を活かした幅広いパーティシパントへの呼びかけ
  3. 多様な用途の資金調達の際に活用可能
    (通常の設備資金、MBO等の仕組み金融、「DBJ環境格付融資」等)

※本取り組みにあたっては、当行所定の審査が必要となります。

ページ先頭

ページトップへ