ホーム > DBJの金融サービス > 投資 > LBO/MBO

LBO/MBO

LBOとは、Leveraged Buyout(レバレッジ・バイアウト)の略です。
M&Aの形態の一つで、借入金を活用した企業/事業買収のことを指します。一定のキャッシュフローを生み出す事業を、借入金を活用して買収することで、買い手(多くの場合はエクイティを提供するスポンサー)は少ない資金で事業・企業を買収することができます。借入金を梃子(lever)として、投資金額を抑えることで買い手のリターンの極大化を図ることから、この名がついています。一般的には、多額の借入金を伴うことから、対象となる事業は安定的なキャッシュフローを生み出すことが求められます。所謂バイアウト・ファンドは、リターンを極大化するために借入金を積極的に活用するため、LBOによるM&Aの中心的なプレーヤーとなっています。
MBOは、Management Buyout(マネジメント・バイアウト)の略です。
MBOとは、経営陣が自ら会社の株式・事業などをその所有者から買収することを言います。一般的に経営陣は手元資金の規模が限られていることから、事業の買収にあたっては借入金による調達が必要となるケースが多くなります。このため、MBOはLBOの形態をとることが多くなります。また、借入金だけでは調達が出来ないような場合には、経営陣はエクイティを提供する共同スポンサーとしてバイアウト・ファンドとパートナーを組むケースも見られます。
最近、上場企業の株式非公開化やオーナー企業の事業承継などによく利用されています。

MBOの仕組み

1st STEP

株式買取りのための受け皿として、新会社設立

2nd STEP

新会社が現株主から株式を買い集める。

3rd STEP

貴社と親会社となった新会社とが合併。

MBOのメリット

現オーナー
  • 株式売却により、納税等のための現金を確保。
  • 創業者利益の実現。
後継者
  • 限られた手元資金で実質的な株式承継が可能。
  • 理想的な株主構成を実現。
他の株主
  • 低い流動性の株式に売却機会を提供。
経営陣
  • 株式の散逸を防ぐことで、経営が安定。
取引先企業
  • 特段の影響なし。

DBJのソリューション

FA業務(ファイナンシャルアドバイザー)

基本的な役割

ファイナンシャルアドバイザーとしての本件MBO全体の取りまとめを行う

具体的な役割
  • 最適資本構成の検討
  • スキームの検討(営業譲渡他)
  • 資金調達支援(融資・出資)
  • 基本合意書締結
  • 各種契約書作成
  • 新会社設立支援
  • 事業計画検討
  • 基本合意書・株主間協定書などの作成
  • 全体スケジュール管理
  • 資金調達の最終調整
  • 各種契約書締結手続き
  • クロージング

出融資業務(融資/メザニン・出資)

基本的な役割

融資の取り纏め、また、可能であれば優先株式等によるメザニン出資も実施

具体的な役割
融資 メザニン・出資
  • 事前調査・分析(審査)
  • LOI(関心表明)提出
  • 融資基本条件(タームシート)
  • シンジゲートローン組織調整(アレンジ)
  • 融資関連締結・実行手続き
  • 事前調査・分析(プレDD)
  • 出資条件交渉・調整
  • 経営陣との基本合意・基本株主間協定締結
  • 本格的調査・分析(DD)
  • 株主間協定
  • 出資関連契約書締結・実行

※本取り組みにあたっては、当行所定の審査が必要となります。

事例・ケーススタディ

森長電子(株)

本件では、森長電子の「事業承継」のニーズが背景にあり、森長電子株式の取得を目的に設立されたSPC(特別目的会社)に対して、DBJはLBOファイナンスを実行致しました。

(株)ほようの宿ひみ

DBJは、プロジェクトファイナンス手法を用いた投融資スキームを組み、ほようの宿ひみが必要とした施設の買い取り及び事業継続に必要な資金を提供しています。

ページ先頭

ページトップへ