ホーム > DBJの金融サービス > 投資 > メザニンファイナンス

メザニンファイナンス

メザニンファイナンスとは

メザニンファイナンスとは、従来より金融機関が取り組んできたシニアファイナンスより投資リスクが高い資金です(メザニンとは中2階の意味)。
シニアファイナンス(シニアローン等)とは、相対的にリスクが低い資金であり、日本において発行されている社債、金融機関から供給されている融資の多くがシニアファイナンスに該当します。対して、メザニンファイナンスは、シニアファイナンスよりも返済順位が低く、シニアに比べてリスクが高い資金になりますが、米国等幅広い投資家層を抱えるマーケットにおいては多様な資金供給手段の一つとして重要な役割を果たしており、シニアファイナンスより投資リスクに見合った金利水準が設定されることによって投資資金としての経済合理性が確保されています。
メザニンファイナンスの導入によって、資金ニーズや資本政策に応じて、EquityとDebtの双方の特色を生かした多様な設計が可能となります。また個々の事業において財務レバレッジの引き上げおよびエクイティ所要額の削減を行うことができることから、スポンサーにとっては、投資リターンが改善されるとともに、資金を他のプロジェクトに活用することができます。

メザニンファイナンスの種類

  • 劣後ローン/劣後社債
  • 優先株/種類株
  • ハイブリッド証券/ハイブリッドローン 等々

メザニンファイナンスの検討にあたって

メザニンファイナンスを活用した財務再構築策の検討に当たっては、以下の諸点を考慮しつつ検討する必要があります。

  • 自己資本比率の目標達成を踏まえた積極的な事業戦略、柔軟な財務戦略の展開余地
  • メザニンファイナンスのコストに見合った成長を実現するための方策
  • 将来のリスクに備えた財務基盤の安定化
  • メザニンファイナンス導入による信用力向上に伴う、資金調達の独立性の確保 等

メザニンファイナンスのメリット

メザニンファイナンスを活用した場合の一般的なメリットは以下が考えられます。

  • シニアローンでは対応困難なリスクマネーの提供
  • 既存株主の議決権希薄化を回避
  • 経済的にも普通株主の希薄化を回避、軽減
  • 償還スケジュールを相当程度弾力的、柔軟に設定可能(償還の繰延、前倒し)

優先株と劣後ローン

優先株とは?

  • 配当支払いや残余財産の分配が普通株に優先する株式。
  • 一般的には、議決権を持たない代わりに高い配当率を設定。
  • エクイティキッカー(新株予約権、普通株転換権)を付する場合もある。
メリット
  • 議決権比率を変えることなく、資本増強が可能。
  • 決算書における財務バランスの改善が明白。(形式上、「株式」)
  • エクイティキッカー(新株予約権、普通株転換権)を付する場合もある。
留意点
  • 発行に際しては通常、定款変更の手続きが必要。
  • 配当は税引後。節税効果がない。
  • 期限の利益損失に類する強制償還方法がない。

劣後ローンとは?

  • 返済順位や清算時の配当順位等が他の債権に劣後する債券。
  • 劣後性は、単純な期間劣後から返却順位の劣後までさまざま。
  • エクイティキッカー(新株予約権、普通株転換権)を付する場合もある。
メリット
  • 借入れにかかる会社側の事務手続きが、優先株に比べて簡易。
  • 優先株と異なり節税メリットがある。
留意点
  • 契約面が複雑(債券者間協定による他の債権者との調整等)
  • 決算書上の財務バランスの改善が優先株に比べて曖昧。(形式上、「借入」)

DBJとメザニンファイナンス

ファンド等の金融投資家をスポンサーとするバイアウト案件については、メザニンファイナンスに対する強いニーズが存在する一方、議決権比率の構成を変えずに資本増強する必要がある場合等、事業戦略に即した財務再構築についても、メザニンファイナンスを活用する動きがあります。
事業の再編、財務の再構築、または資本政策に関して、お客様各々の課題に対応するため、DBJでは、長期的な視野に基づくメザニンファイナンス等のテイラーメイドの金融ソリューションを提供しています。

※本取り組みにあたっては、当行所定の審査が必要となります。

ページ先頭

ページトップへ