ホーム > 会社情報 > 会社概要・民営化情報 > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

DBJは、コーポレート・ガバナンスの強化により、効率的で透明性の高い経営体制の構築を図っています。
DBJは、業務の健全性および適切性を確保し、信用の維持を確保するとともに金融の円滑を図るために、適切な経営管理(ガバナンス)のもと、業務の全般にわたる法令等遵守、顧客保護等の徹底および各種リスクの的確な管理を行っています。
DBJは、企業理念の実現を支えるコア・コンピタンスを基礎に、「行動基準」および「ステークホルダーへのコミットメント」による経営と社員による実現力を用いて「企業理念」の実現に努めることが、ステークホルダーの利益につながると考えています。このため当行取締役会は、質の高い最適なコーポレート・ガバナンスに努め、「企業理念」の実現に向けて持続可能な経営にしていきたいと考えています。また、適時・適切な情報開示に努め、アカウンタビリティを充分に果たすことにより、信頼に基づいた経営に努めています。

また、経営の透明性確保、コーポレートガバナンス強化の観点から、社外取締役を選任しています。あわせて、外部有識者から構成する人事評価委員会、アドバイザリー・ボード等を設置しています。

図

1.コンプライアンス(法令等遵守)態勢

DBJでは、コンプライアンス態勢の整備・確立が、お客様からの信頼維持や業務の健全性・適切性確保のため必要不可欠であると認識し、これを経営における最重要課題の一つとして位置づけて、以下の様な取組みを行っています。

コンプライアンス体制の整備と運用
DBJでは、コンプライアンス等に関する審議機関として、役員を構成員とする一般リスク管理委員会を設置しています。また全部店に配置されたコンプライアンスオフィサーが、各部店で遵守状況の確認を行うとともに、コンプライアンス関連事項の報告・連絡窓口として機能しています。さらに、コンプライアンスに関する問題を早期に把握し解決するため、通常の職制ラインによる報告ルートとは別に、内部通報窓口「コンプライアンス・ホットライン」を設けています。
コンプライアンス関連事項の周知
DBJでは役職員一人ひとりがコンプライアンスを実践するため、コンプライアンスマニュアルを策定、配布のうえ、研修・説明会の実施等によりその内容の周知徹底を図っています。
コンプライアンスプログラムの策定
コンプライアンス実践のための具体的な行動計画として、年度毎にコンプライアンスプログラムを策定しています。

2.顧客保護等管理態勢

DBJは、顧客保護等管理態勢の整備・確立が、金融機関の業務利用者の保護および利便の向上の観点のみならず、DBJの業務の健全性及び適切性の観点から極めて重要であると認識しています。
DBJは、顧客保護および利便の向上に向けた管理の方針として「顧客保護等管理基本方針」を定め、さらにこれに基づいた内部規程を策定しています。またこれらについて、説明会等により行内の周知を図っています。特に、個人に関する情報に関しては、「個人情報保護宣言」として適切な取り扱いを行うことを宣言しています。

3.リスク管理態勢

DBJは、リスク管理態勢の整備・確立が、業務の健全性および適切性の確保の核心部分の一つであると認識しています。

統合的リスク管理
DBJでは、直面するリスクに関して、信用リスク・市場リスク・オペレーショナル・リスク等それぞれのリスク・カテゴリー毎に評価したリスクを総体的に捉え、総合的なリスク管理態勢を構築しています。
DBJは、統合的リスク管理に関する方針を定め、行内へ周知を行っています。
信用リスク管理
DBJでは、信用リスクとは、信用供与先の財務状況の悪化等により、資産(オフ・バランス資産を含む)の価値が減少ないし消失し、損失を被るリスク、と定めています。このうち特に、海外向け信用供与について、与信先の属する国の外貨事情や政治・経済情勢等により金融機関が被るリスクを、カントリー・リスクとしています。
DBJでは、信用リスクに関する方針を設け、組織体制やリスク管理の方針について定めています。
市場リスク・流動性リスク管理
DBJでは、市場リスクは、金利・為替・株式など、市場のさまざまなリスク要因の変動により、保有する資産・負債(オフバランス取引を含む)の価値が変動し損失を被るリスクや、資産・負債から生み出される収益が変動し損失を被るリスクと定め、流動性リスクは、運用と調達の期間のミスマッチや予期せぬ資金の流出により、必要な資金確保が困難になる、または通常よりも著しく高い金利での資金調達を余儀なくされることにより損失を被るリスクと、市場の混乱等により市場において取引ができなくなったり、通常よりも著しく不利な価格での取引を余儀なくされることにより被るリスクと定めています。
DBJでは、市場リスク管理に関する方針および流動性リスク管理に関する方針をそれぞれ設け、組織体制やリスク管理の方針について定めています。

4.オペレーショナル・リスク管理態勢

DBJでは、オペレーショナル・リスクの総合的な管理態勢の整備・確立が、金融機関の業務の健全性および適切性の観点から極めて重要であると認識しています。
DBJでは、オペレーショナル・リスクとは、業務の過程、役職員の活動もしくはシステムが不適切であることまたは外生的な事象により損失を被るリスク(自己資本比率の算定に含まれる分)およびDBJ自らが「オペレーショナル・リスク」と定義したリスク(自己資本比率の算定に含まれない分)、としています。

5.内部監査態勢

DBJでは、内部監査部門として、執行部門から独立した取締役社長直属の部署として監査部を設置し、当行の業務運営全般にかかる法令等遵守、リスク管理を含む内部管理態勢の適切性・有効性について検証を行い、その評価及び改善のための提言を実施しております。

ページ先頭

ページトップへ