ホーム > 投融資事例 > エネルギー分野 > 福島ガス発電(株)のケース

福島ガス発電(株)のケース

同社の天然ガス火力発電所新設にあたって、DBJはリードアレンジャー(主幹事)として、総額1,400億円のプロジェクトファイナンスを組成しました。DBJは低廉で環境負荷の低い電力の安定供給と、発電所周辺地域の経済や産業の発展への貢献を目指します。

福島ガス発電(株)のケース

ページ先頭

ページトップへ