金融力で未来をデザインします Design the Future with Financial Expertise

金融力で未来をデザインします Design the Future with Financial Expertise

Scroll
Message

持続可能な社会の実現を目指して

私たちを取り巻く環境は常に大きく変わり続けています。
特に今後10年間は、デジタル変革、高齢化・人口減少、グローバル競争の激化等による抜本的な社会構造の変革を通じて、産業界でも業界の垣根を越えた新たな連携・協働等、新しいエコシステムが生じるものと思われます。

DBJグループは、変容する社会とお客様のニーズを常に捉えながら、グループ一体での金融サービスの提供を通じて、経済価値と社会価値の両立を目指すサステナビリティ経営を推進し、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

代表取締役社長 渡辺一
渡辺一
Inheritance

受け継がれてきた志
〜「挑戦」と「誠実」〜

DBJグループは、その時々の社会課題に則して、未来に向けての志を胸に金融面からの解決策を提示してきました。この志を支えるものは、時代を経ても変わらない私たちの「価値観~挑戦(Initiative)と誠実(Integrity)~」であり、私たちの企業理念の礎となっています。

果たしてきた役割

Responsibility
高度成長の基盤整備
Read
High growth 高度成長の
基盤整備
金融危機対応・震災復興
Read
Global competitiveness 国際競争力強化
高度成長の基盤整備
Read
Industrial transformation 産業構造転換
円滑化
金融危機対応・震災復興
Read
Affluent society 豊かな社会の
創造
高度成長の基盤整備
Read
Risk money リスクマネー
供給
金融危機対応・震災復興
Read
Regional revitalization 地域活性化
高度成長の基盤整備
Read
Business revival 事業再生
金融危機対応・震災復興
Read
Crisis response 金融危機対応・
震災復興
高度成長の基盤整備
高度成長の基盤整備 High growth

産業の基盤を支えるエネルギー・輸送力の充実・強化に加え、新たな経済発展の原動力となる分野の育成と近代化、地域格差の是正を目指す地域開発などへの融資を実行。

【日本郵船(株):定期船「讃岐丸」】
計画造船融資による我が国商船隊の再建

日本郵船歴史博物館所蔵

国際競争力強化
国際競争力強化 Global competitiveness

経済の開放体制への移行に向けて国際競争力の強化を目指し、産業の体制整備・自主技術開発の支援に力を入れる一方、高度成長の歪みを解消すべく、地方開発、大都市再開発、流通近代化、公害防止などに取り組む。

【ソニー(株):トリニトロンカラーテレビ工場】
新技術企業化による国産技術の振興

産業構造転換円滑化
産業構造転換円滑化 Industrial transformation

対外経済摩擦の激化を背景に、内需拡大と産業構造転換が急務となり、社会資本整備、創造的技術開発、産業構造転換等の支援に重点を置く。
平成以降、生活大国を目指し、環境・エネルギー対策、地域経済の活性化に注力。

【新関西国際空港(株):関西国際空港】
大規模国際ハブ空港の建設

豊かな社会の創造
豊かな社会の創造 Affluent society

引き続き社会資本の整備、環境対策などを重点分野としたほか、ベンチャービジネス支援にも注力。また、阪神・淡路大震災の復興融資や、金融システム安定化のための金融環境対応融資にも迅速な対応を行うなど、セーフティネットとしての機能を発揮。

【阪急電鉄(株):震災復旧工事(兵庫県)】
震災により破壊された交通インフラの復旧工事

リスクマネー供給
リスクマネー供給 Risk money

2015年5月20日に施行された「株式会社日本政策投資銀行法の一部を改正する法律」において、本邦企業の競争力強化や地域活性化に必要な成長資金の供給を時限的・集中的に実施すべく、国から一部出資を受け、新たな投資の仕組みである「特定投資業務」を創設。

【スペースワン(株)】
新世代小型ロケットの事業化による国内宇宙産業の発展を支援

地域活性化
地域活性化 Regional revitalization

「地域再生支援」、「環境対策・生活基盤」、「技術・経済活力創造」の3分野を重点分野とした投融資を行い、日本の経済社会の持続的発展に貢献。現在でも「地域」への取り組みを重点領域のひとつとして位置付け、地域特性に応じた産業振興、海外展開、インバウンド対応、事業承継といった課題に対して地域金融機関との協働ファンドの設立を始めとしたリスクマネーやナレッジの提供を通じて支援。

【立山黒部貫光(株)】
立山黒部アルペンルートの国内外における更なる観光客誘致をサポート

事業再生
事業再生 Business revival

産業金融の中立的な担い手として、長期資金・リスクマネー供給という投融資一体の金融機能を通じて、お客様の課題解決に取り組むとともに、DIPファイナンス、M&A、事業再生ファンドの考え方を活用した手法により、地場企業の持つ優れた技術や雇用の維持を図りながら事業再生を支援。

【宮崎カーフェリー(株)】
課題に即したトータルソリューションを提供することで、同社の経営改善や計画策定を支援

金融危機対応・震災復興
金融危機対応・震災復興 Crisis response

2008年秋以降のリーマン・ショックによる世界的な金融危機の影響を受け、社債市場の機能低下に伴う企業の資金繰り悪化等に金融危機対応業務として迅速に対応。さらに、CP市場の機能低下に対応すべく2009年よりCPの購入を開始。2011年には「東日本大震災」にかかる震災危機対応業務として、電力会社向けを中心に他の金融機関等と連携しながら適切に対応。また、2016年に発生した熊本地震においても被災地域の金融機関と共同して設立した復興ファンドなどを通じて、劣後ローンや優先株等のリスクマネー供給にも取り組む。

【常磐興産(株):スパリゾートハワイアンズ(福島県)】
復興の象徴スパリゾートハワイアンズへの支援

Select
高度成長の
基盤整備
国際競争力強化
産業構造転換
円滑化
豊かな社会の
創造
リスクマネー
供給
地域活性化
事業再生
金融危機対応・
震災復興
Focus

注力している
3つの
重点領域

DBJグループでは将来に向けて取り組むべき課題に加え、これまで果たしてきた役割や実現してきた価値を踏まえ、重点的に取り組む領域を「インフラ」、「産業」、「地域」の3領域として位置付けています。この重点領域での貢献こそ、今日までのあゆみと整合的であり、かつ、今後の社会やステークホルダーからのご期待に沿うものと考えております。

インフラ再構築・強化
産業の創造・転換と成長
地域の自立・活性化
Design
The Future

経済価値 社会価値

変容する社会とお客様のニーズを踏まえ、
「経済価値」と「社会価値」を両立する
サステナビリティ経営を推進し、
持続可能な社会の実現に貢献していきます。

金融力で未来をデザインします Design the Future with Financial Expertise

金融力で未来をデザインします Design the Future with Financial Expertise

統合報告書2019