ホーム > 調査研究レポート

調査研究レポート

国内外を見渡す、多角的な視点。

今月のトピックス

今月のトピックス 一覧へ

No.305  新たなパラダイム変化が出現 米国CES2020調査報告
2020年1月、米国ラスベガスで世界最大規模の最新テクノロジーの見本市CESが開催されました。今回のCESは、日本勢から従来にはなかったインパクトのある提案がなされ、各メディアでも大きく取り上げられたことが特徴といえます。今回の大きなトピックスとして、(1)Intelligence of Things、(2)環境問題・社会課題への対応、(3)異分野への挑戦の3つを挙げました。本稿では、それら3つのトピックスを中心とし、メディア向けに開催された講演や展示内容を踏まえ、3つのトピックスに共通するテーマから示唆される今後の産業界の大きな潮流を確認します。
No.306  インバウンド・宿泊業界の課題と展望~観光産業の変化を捉えた発展を目指して~
人口減少社会を迎えた日本において、経済活性化の担い手として期待されているのがインバウンドです。昨今、度重なる災害の発生や訪日韓国人の大幅な減少を経験し、インバウンド市場の伸びは鈍化してきています。加えて、新型コロナウイルスによる観光への影響も顕在化している中、これからのインバウンド市場がさらなる発展を遂げるために必要な視点と、インバウンドと密接な関係にある宿泊業界の動向について考察します。
No.307  貿易から投資に広がる制限強化の動き
米中の第一段階の合意を受けた関税引き下げで、世界経済の減速をもたらした輸入制限の拡大には一旦歯止めがかかりましたが、輸出や対内投資の制限強化の動きは続いています。本稿では、日米欧において進められている規制強化の動きを、その背景に触れつつ概観するとともに、それぞれの措置における論点を整理します。

設備投資計画調査

全国設備投資計画調査(大企業)

DBJが毎年1回実施している、民間法人企業を対象とした設備投資計画調査です。1956年以来50年以上にわたり毎年継続している大企業(資本金10億円以上)の設備投資動向調査となります。

地域別設備投資計画調査

DBJでは、地域別設備投資動向の把握を目的として、「地域別設備投資計画調査(調査対象企業:原則として資本金1億円以上の民間法人企業)」を年1回発表いたしております。

各種レポート・刊行物

地域・産業・経済レポート

地域・産業・経済にかかる内外の様々なテーマのレポートを掲載しています。

拠点レポート

内外の地域動向に関するレポートです。

DBJ Monthly Overview

内外の経済産業動向を、月次の景気指標と簡潔なコメントで解説したレポートです。

調査

日本の経済社会が直面する様々な課題を先駆的に取り上げ、今後進むべき道筋を描いたレポートです。

経済経営研究

当行設備投資研究所の研究成果です。

設備投資研究所

刊行物紹介

各種刊行物を掲載しています。

ページ先頭

ページトップへ