ホーム > DBJ News > 2011年11月 > [[News]](株)ハローズに対し、新「DBJ防災格付」に...

DBJ News

2011年11月01日

[[News]](株)ハローズに対し、新「DBJ防災格付」に基づく融資を実施
-中四国地域で初の新「防災格付」取得-

 株式会社日本政策投資銀行(社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、株式会社ハローズ(本社:広島県福山市、代表取締役社長:佐藤利行、以下「当社」という。)に対し、中四国地域では初の新「防災格付」に基づく融資を実行いたしました。

 「DBJ防災格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより防災及び事業継続対策への取り組みの優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「防災格付」の専門手法を導入した世界初の融資制度です。従来の「DBJ防災格付」は、主に発災前段階における予防策に重きを置いていましたが、新「DBJ防災格付」は、予防策だけに留まらず、危機事案発生後の迅速な復旧を含めた企業の事業継続活動を総合的に評価する内容となっています。

 当社は、広島・岡山・香川で50店舗をチェーン展開する食品スーパーマーケット(JASDAQ上場)です。「地域社会の生活文化向上に貢献する」という経営理念の通り、「地域密着型ドミナント出店戦略の展開」と、「食への価格的貢献並びに質的貢献」で、地域の顧客に対して安心安全な生活の場を提供すべく、有事への対応も進めています。

 今回の評価では、(1)地域特性に応じた店舗毎のハード対策や物流センターに貯水機能を整備するなど、地域防災の観点を踏まえて当社事業基盤への対策を講じている点、(2)PB商品の製造や自社物流センターの保有など、製品調達から輸送、販売まで独自のサプライチェーンと運営システムを構築し、有事においても被災地域のニーズに対し柔軟に対応可能な商品供給体制が整備されている点、(3)有事における地域の経済活動の迅速な復旧に資するべく商圏毎に拠点店舗を選定し、事業継続要員や在庫を集約している点、を高く評価しました。

 その結果、「防災への取り組みが優れている」として認定することを決定いたしました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客さまの信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続の推進に向けたお客さまの取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 中国支店 業務課 電話番号082-247-4933

ページ先頭

ページトップへ