ホーム > DBJ News > 2014年07月 > [[News]]アドバンス・レジデンス投資法人に対し、 「...

DBJ News

2014年07月11日

[[News]]アドバンス・レジデンス投資法人に対し、
「DBJ BCM格付」に基づく融資を決定

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、アドバンス・レジデンス投資法人(本社:東京都千代田区、執行役員:髙坂健司、以下「当法人」という。)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を決定しました。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当法人は、東京経済圏を中心としたポートフォリオを有し、資産規模において日本最大級を誇る賃貸住宅特化型の不動産投資信託(REIT)です。本件は、当法人の資産運用会社であるADインベストメント・マネジメント株式会社の運用業務における防災・事業継続体制を評価し、その評価結果に基づいて、当法人に対し「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施するものです。

 今回の評価では以下の点を評価しました。

 (1)情報資産を事業継続への影響度により分類し、重要情報資産については、ハード面で堅牢性の高い施設を別途選定し、バックアップを実施している点
 (2)端末機器の拡充や予備回線の確保によりシステムの冗長性を強化するとともに、定期的にシステム復旧訓練を行い目標復旧時間の短縮化に努めている点
 (3)平時より主要ビルメンテナンス会社とリスク情報を共有していることに加え、工事会社等と災害協力協定を締結し、対策フローやマニュアルを平準化することで、有事における即応体制を確保し事業継続を図ろうとしている点

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第3部 電話番号03-3244-1678

ページ先頭

ページトップへ