ホーム > DBJ News > 2016年04月 > [[News]]V-Lowマルチメディア放送「i-dio(ア...

DBJ News

2016年04月19日

[[News]]V-Lowマルチメディア放送「i-dio(アイディオ)」を推進する
BIC(株)に対し、出資を実施
-「特定投資業務」を通じた新型デジタル放送事業の支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社エフエム東京(以下「エフエム東京」という。)等の事業会社が出資し設立されたBIC株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千代勝美、以下「当社」という。)に対する出資を実施しました。

 当社は、テレビ放送のデジタル化により新たに利用可能となった周波数帯を活用しつつ、放送・通信の融合コミュニケーションプラットフォームを全国で供給することを目的とし、様々な業種の事業会社連合により設立されました。V-Lowマルチメディア放送「i-dio」における一斉同報型の放送サービスにより、災害時等でも安定した情報発信が可能となり、防災情報配信システムV-ALERT(注1)による災害情報の配信など、自治体による活用を通じた地域情報の適時発信体制や地域防災体制の強化につながることも期待されています。

 本件は、当社事業により、未利用インフラの活用を通じた日本経済の活力向上・持続的発展に加え、地域の災害情報マネジメント強化も期待されることから、DBJの「特定投資業務」を活用し、当社のサポートを行うものです。今後は、「DBJ BCM格付融資(注2)」や危機対応業務を通じて得た企業経営における防災・BCMにかかるDBJの知見や各自治体とのネットワーク力を活かすことで、当社の事業推進にかかる支援を継続してまいります。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、お客様の競争力強化や地域の防災・減災に向けたさまざまな取り組みを積極的にサポートしてまいります。

(注1)「V-ALERT」:V-Lowマルチメディア放送の放送波を使用し、防災情報を配信するシステムのこと。災害時の緊急情報や避難情報を音声のみならず、文字、画像でもすみやかに地域住民に伝えることが可能。
(注2)「DBJ BCM格付融資」:DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニュー。



【お問い合わせ先】
 企業金融第2部 電話番号03-3244-1660

ページ先頭

ページトップへ