ホーム > DBJ News > 2016年05月 > 東急不動産(株)に対し、「(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)...

DBJ News

2016年05月26日 News

東急不動産(株)に対し、
「(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)」にかかる
DBJ Green Building認証を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、東急不動産株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:植村仁)が中心となり開発を進める「(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)」に対し、DBJ Green Building認証のプラン認証(注)を実施しました。

 今回の認証では、以下の点を評価しました。

(1)インキュベーションオフィスや、コンテンツ産業の育成支援を目的としたスタジオや交流ラウンジを設置するなど、多様なテナントのニーズに応えられるアメニティが整備される点
(2)制震構造の採用や、5日分の電力供給が可能な非常用発電機の設置、帰宅困難者向けの水食料等の備蓄など、テナントのBCP対応に極めて効果的なスペックを備える点
(3)浜松町駅へ直結する歩行者デッキや、水田を含む大規模な緑化スペースである「スキップテラス」の設置など、周辺環境の改善やヒートアイランド対策等に資する優れた取り組みがなされる点

 その結果、「国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル」として認証を付与しました。

 DBJ Green Building認証制度については、一般財団法人日本不動産研究所との共同運営サイト(右記URL)をご覧ください。 http://igb.jp/index.html
 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(注)「プラン認証」:竣工前の物件について、その開発計画を元に、環境性能やテナント利便性、その他オーナーや物件関係者との間で予定されている種々の取り組みを、DBJ Green
Building認証のモデルを使ってスコアリングし、その開発計画である「プラン」について認証する仕組みのこと。

(認証物件)
(仮称)竹芝地区開発計画(業務棟) (東京都港区海岸一丁目)

 (仮称)竹芝地区開発計画(業務棟)    敷地面積:12,200m²
   延床面積:180,000m²
   竣工  :平成32年5月(予定)
   構造  :地上39階地下2階

      国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビル

     国内トップクラスの卓越した
  「環境・社会への配慮」がなされたビル


【お問い合わせ先】
 都市開発部 電話番号03-3244-1744

ページ先頭

ページトップへ