ホーム > DBJ News > 2016年05月 > みらい地域活性化ファンドによる(株)横浜環境デザインの優先株...

DBJ News

2016年05月31日 News

みらい地域活性化ファンドによる
(株)横浜環境デザインの優先株式引受について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社横浜銀行(本社:神奈川県横浜市、代表取締役頭取:寺澤辰麿、以下「横浜銀行」という。)および株式会社東日本銀行(本社:東京都中央区、代表取締役頭取:石井道遠、以下「東日本銀行」という。)と共同出資する「みらい地域活性化投資事業有限責任組合」(以下「当ファンド」という。)にて、株式会社横浜環境デザイン(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:池田真樹、以下「当社」という。)が発行する優先株式の引受を実施しました。なお、本件は、当ファンドにおける第1号案件となります。

 当ファンドは、神奈川県およびその近隣エリアに顧客基盤を有する横浜銀行および東日本銀行と協働し、優先株や劣後ローンなど多様な金融サービスの提供により地域経済の活性化を促進し、地域創生に対して幅広く貢献することを目的として、平成28年1月に組成されました。

 当社は平成10年の設立以来、産業用・住宅用太陽光発電システムの設計、施工、オール電化機器の施工、販売を手がけ、業容を拡大させてきました。メガソーラー向け大規模太陽光発電所の設計・調達・建設(EPC)およびオペレーション、メンテナンスまで全プロセスを一貫してサポートするシステムインテグレータとしての当社の技術力は高く評価されており、国内外の事業者、住宅に導入されています。

 本件は、資本増強による財務基盤強化を企図する当社に対して、当ファンドから資本性資金を提供することにより、当社の成長を支援し、地域経済の活性化および地域創生への貢献にも繋がることが期待されるものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業金融第6部 電話番号03-3270-2477


〔当ファンドの概要〕

名称みらい地域活性化投資事業有限責任組合
組成日平成28年1月8日
所在地東京都千代田区
ファンド総額3,000百万円
無限責任組合員HSK&Dパートナーズ株式会社
横浜キャピタル株式会社
有限責任組合員株式会社日本政策投資銀行
株式会社横浜銀行
株式会社東日本銀行


〔当ファンドのスキーム図〕

0000022408_img1

ページ先頭

ページトップへ