ホーム > DBJ News > 2017年06月 > (株)サンプラスト三笠に対し、「地域元気プログラム」に基づく...

DBJ News

2017年06月30日 News

(株)サンプラスト三笠に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、株式会社サンプラスト三笠(本社:新潟県見附市、代表取締役社長:笠松克年、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」(以下「本プログラム」という。)に基づく融資を実施しました。

 本プログラムは、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。新潟支店では平成29年4月に本プログラムを改定し、新たに「地域資源活用による魅力向上」、「イノベーション推進」、「安全・安心な地域づくり」の3テーマを設定し、これに合致する取り組みを、情報面・資金面からサポートしています。なお、本プログラム改定後、今回が新潟県で初めての事例となります。

 当社は、新潟県見附市に本拠を置く昭和41年設立のプラスチック包装容器メーカーです。前身会社で繊維産業向け包装資材を製造してきた技術を活かし、これを食品向けに応用、新潟県の食品関連メーカーを中心に食品用プラスチックトレーを供給するとともに、近年ではコンビニエンスストア向けの飲料容器蓋商材の提供や、医療分野への展開等新たな取り組みを進めています。

 本件は、オーダーメイドで容器金型の設計から受注し、新潟県に集積する食品関連メーカーとの連携を通じて、新商品開発・新分野展開を実現しつつ、相互に発展、イノベーションを創出してきた当社の取り組みを評価し、本プログラムの対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   新潟支店 業務課 電話番号 025-229-0711

ページ先頭

ページトップへ