ホーム > DBJ News > 2017年12月 > [[News]]昭和電工 (株)に対し、 「DBJ BCM...

DBJ News

2017年12月11日

[[News]]昭和電工 (株)に対し、
「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施
-2回連続で最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、昭和電工株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:森川宏平、以下「当社」という。)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」融資は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、新中期経営計画”Project 2020+”において、「個性派事業拡大・収益力向上」を2025年のグループが目指す姿として掲げ、付加価値の高い「製品×技術×サービス」の提供を通じて、豊かさと持続性の調和する社会の創造に貢献する「社会貢献企業」を目指し、優れたCSR経営を実践している化学メーカーです。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)就業規則を通じて従業員の消防団活動への積極的な参加を奨励するとともに、地域における防災関連の協議会への参画や協定締結を通じて、長年にわたって各事業所周辺の自治体や近隣企業と防災面の強固な協力体制を構築している点
(2)海外拠点も含め全事業所において7分類180項目について損失額および発生頻度の観点から網羅的なリスクの洗い出しを行い、全社的に集約した上で共通項目を中心に対策立案を講じることで継続的にリスク低減を図っている点
(3)多種多様な製品を提供する事業特性を反映し、各事業部・事業所に主体性を持たせ、事業継続の具体策立案を委ねつつ、本社主導のひな形の共有化を通じて、全社的なBCP策定・更新を行っている点

 その結果、当社は、「防災および事業継続への取り組みが特に優れている」という最高ランクの格付を、平成24年度に続き、2回連続で取得しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後も防災・事業継続に向けたお客様の取り組みを、積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   企業金融第1部 電話番号 03-3244-1680

ページ先頭

ページトップへ