ホーム > DBJ News > 2018年03月 > 「岡山のインバウンド観光の現状と今後の方向性~DBJ・JTB...

DBJ News

2018年03月26日 レポート

「岡山のインバウンド観光の現状と今後の方向性
~DBJ・JTBFアジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(平成29年版)
結果等から~」を発行

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、このたび、「岡山のインバウンド観光の現状と今後の方向性~DBJ・JTBFアジア・欧米豪 訪日外国人旅行者の意向調査(平成29年版)結果等から~」を発行しました。

 DBJでは、平成24年より継続的にアジア8地域(韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア)の海外旅行経験者を対象としたインターネットによるアンケート調査を実施しており、平成27年からは公益財団法人日本交通公社(JTBF)と共同で調査を実施しており、平成28年10月からは、アジア8地域にアメリカ、オーストラリア、イギリス、フランスの欧米豪4地域を加えた12地域を対象に実施した調査をJTBFと共同で公表しています。当レポートでは、この調査結果を踏まえ、岡山の観光動向に関する特徴や課題をとりまとめました。

 当レポートをご希望の方は、DBJウェブサイト「地域・海外レポート(中国)」(http://www.dbj.jp/investigate/area/chugoku/index.html)に掲載していますのでご参照ください。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも地域に役立つ情報発信を積極的に行ってまいります。


【お問い合わせ先】
   岡山事務所 電話番号 086-227-4311

ページ先頭

ページトップへ