ホーム > DBJ News > 2018年10月 > [[News]]フジバンビグループとの戦略的資本業務提携につ...

DBJ News

2018年10月30日

[[News]]フジバンビグループとの戦略的資本業務提携について

 株式会社日本M&Aセンター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 卓)および株式会社日本政策投資銀行(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:渡辺一、以下「DBJ」という。)が共同で設立した株式会社日本投資ファンド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:三宅 卓)が運営する日本投資ファンド第1号投資事業有限責任組合(以下「当ファンド」という。)は、肥銀キャピタル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役社長:坂田 寛之)と株式会社リサ地域ファンドソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役:大谷 仁人)が共同で運営する肥銀ブリッジ投資事業有限責任組合と共同で出資する株式会社フジバンビホールディングスを通じて、株式会社フジバンビ(本社:熊本県熊本市)を中心とするフジバンビグループ(以下「フジバンビG」という。)と戦略的資本業務提携を致しました。

 フジバンビGは、1948年に藤原守雄氏が創業して70年を迎える、株式会社フジバンビを中核とした菓子製造企業グループです。フジバンビGの主力商品である「黒糖ドーナツ棒」は熊本のお菓子として広く親しまれ、高い知名度とブランド力を誇り、熊本県下の土産物販売所をはじめ百貨店などで販売しております。

 フジバンビGはこれまで、黒糖ドーナツ棒の販路拡大を背景に順調に業績を伸ばしてきており、さらなる成長発展の可能性を有しております。本件は、メインバンクである肥後銀行から全面的な支援を得て、長年にわたり築かれた確固たる経営基盤をもとに、販路の拡大、新たな商品開発、経営体制の強化等により、独立性を維持しつつフジバンビGの一層の成長発展を支援すべく、当ファンドを通じて、DBJの「特定投資業務」(注)を活用しサポートを行うものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金にかかる市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。

 (注)「特定投資業務」とは、民間による成長資金の供給の促進を図るため、国からの一部出資(産投出資)を活用し、企業の競争力強化や地域活性化の観点から、成長資金の供給を時限的・集中的に実施することを企図して設けられたものです。


【お問い合わせ先】
       企業ファイナンス部 電話番号 03-3244-1351


ページ先頭

ページトップへ