ホーム > DBJ News > 2019年10月 > 株式会社JERAの台湾フォルモサ2洋上風力発電事業参画に際し...

DBJ News

2019年10月09日 News

株式会社JERAの台湾フォルモサ2洋上風力発電事業参画に際し、優先株出資について合意

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、株式会社JERA(本社:東京都中央区、社長:小野田聡、以下、「JERA」という。)が台湾洋上風力発電事業に参画するため、フォルモサ2洋上風力発電事業の事業権益の49%をマッコーリー社より取得するために設立したJERA Formosa 2 B.V.(JERA100%出資、以下「投資会社」)に対し、優先株出資を通じた資金供与について合意しました。

 フォルモサ2洋上風力発電事業(出力:37.6万kW)は、台湾苗栗県の沖合に47基の着床式風力発電機を設置し、発電した電力を台湾の固定価格買取制度(FIT制度)に基づいて20年間売電するものです。本年10月に工事に着手し、2021年末から商業運転を開始する予定です。JERAは、このフォルモサ2洋上風力発電事業の49%の権益を取得し、最大出資者として事業を牽引していきます。

 JERAは、本年2月に、台湾のフォルモサ1洋上風力発電事業に参画して以降、拠点となる現地法人の設立や、事業会社への社員の派遣を通じ、洋上風力発電の建設および運用に関する知見の習得に努めています。これらの基盤を活用し、複数事業の効率的な運営・管理を行うとともに、開発初期段階からより大きな出資比率で参画することにより、プロジェクトの開発を牽引し、収益性を向上させることを目指しています。

 台湾では2010年にFIT制度を導入、2018年には計5.5GWの海域指定及びプロジェクトの公募が実施されるなど、日本に先駆けて洋上風力発電事業の本格導入が進んでいます。海底地盤、台風、地震に加え、サポートインフラを新たに整備するという点で日本と類似する台湾における洋上風力発電事業は、今後の日本での同事業の開発を目指す本邦プレイヤーにとって、技術的またオペレーション上のノウハウ獲得のために参画が重要となっています。

 DBJは、JERAの新たな海外再生可能エネルギー事業展開に際し、「特定投資業務」(注)を活用し、リスクマネー供給を通じ同社の資金調達を支援していきます。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。

(注)「特定投資業務」とは、民間による成長資金の供給の促進を図るため、国からの一部出資(産投出資)を活用し、企業の競争力強化や地域活性化の観点から、成長資金の供給を時限的・集中的に実施することを企図して設けられたものです。

【添付資料】
1.フォルモサ2洋上風力発電所の概要
2. 本案件のスキーム図

お問い合わせ先

日本政策投資銀行 企業金融第5部
電話番号 03-3244-1620

ページ先頭

ページトップへ