ホーム > 投融資事例 > 産業分野 > ヘルスケア > 地域ヘルスケア成長ファンドのケース

地域ヘルスケア成長ファンドのケース

DBJと三菱UFJリース株式会社は、医療機関等向け劣後ローンおよび貸付債権を投資対象とする、地域ヘルスケア成長投資事業有限責任組合(略称「地域ヘルスケア成長ファンド」)を組成(総額100億円)しました。

DBJは、三菱UFJリースと協力し、医療機関等の取り組みを促進するため、地域金融機関等とも連携しながら、これまでのファイナンスソリューションとナレッジの蓄積を活用しつつ、地域ヘルスケア成長ファンドを通じて劣後ローン等を活用したリスクマネーを供給していきます。

ページ先頭

ページトップへ