ホーム > DBJ News > 2013年01月 > [[News]](財)博慈会に対し、 「DBJ BCM格付...

DBJ News

2013年01月04日

[[News]](財)博慈会に対し、
「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、財団法人博慈会(所在地:東京都足立区、理事長:三瓶広幸、以下「当法人」という。)に対し、「DBJ BCM格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ BCM格付」は、DBJが開発した独自の評価システムにより防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当法人は、東京都足立区において博慈会記念総合病院(341床)、老人病研究所附属病院(156床)、こどもクリニック、腎クリニック、看護学院等を運営する財団法人であり、東京都区東北部保健医療圏の災害拠点病院として、災害時の社会的使命を果たすべく、防災および事業継続の取り組みを進めています。

 今回の評価では、(1)災害対策委員会を通じて、法人内の全ての運営施設を対象とした防災および事業継続の推進体制を構築している点、(2)広域災害救急医療情報システム(EMIS)への参加に加え、自治体や他の病院との平時からの連携強化、EMISへの情報入力要員の代替確保、広域搬送手段の複数化など、非常時の医療ネットワークの活用に向けて取り組んでいる点、(3)事業継続に必要な医療資源や生活物資を確保するため、自治体と優先供給契約を締結している他、製薬会社や医療機器関連業者の在庫状況や保守体制を継続的に確認している点、等を高く評価しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、有事における事業継続の推進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

 【お問い合わせ先】
 企業金融第4部 医療・生活室 電話番号03-3244-1640

ページ先頭

ページトップへ