ホーム > DBJ News > 2013年10月 > インスペック(株)に対し、融資枠を設定

DBJ News

2013年10月07日 News

インスペック(株)に対し、融資枠を設定

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、インスペック株式会社(本社:秋田県仙北市、代表取締役:菅原雅史、以下「当社」という。)に対し、融資枠を設定しました。

 当社は、ハイエンドのパターン検査装置(AOI)および最終外観検査装置(AVI)を主力製品とする、検査装置の研究開発型メーカーで、その技術力と実績に基づく当社検査装置は、各国の大手CPUメーカー、基板メーカー等から高い評価を受けております。

 当社では、第三者割当増資により、財務体質の改善と今後の受注増加に伴う増加運転資金等の調達を図る旨公表していますが、当該事業再構築を確実に実施するべく、今般、融資枠の設定を受けることとなりました。

 DBJは、当社の事業再構築は、わが国における社会的有用事業の支援、地域経済の活性化および雇用確保に資するものと判断し、融資枠の設定を実施しました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、多様な金融手法を活用・構築し、お客様の事業再構築に向けた取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
 企業ファイナンスグループ 電話番号03-3244-1351
 東北支店 企画調査課 電話番号022-227-8182

ページ先頭

ページトップへ