ホーム > DBJ News > 2013年10月 > [[News]]平和不動産(株)に対し、「日証館」にかかる ...

DBJ News

2013年10月10日

[[News]]平和不動産(株)に対し、「日証館」にかかる
DBJ Green Building認証を実施
-兜町の歴史を紡ぐ築85年の超長期サステイナブルビルへGold認証を付与-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、平和不動産株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:岩熊博之、以下「当社」という。)が所有する「日証館」にかかるDBJ Green Building認証を実施しました。

 「日証館」は、兜町の旧渋沢栄一邸の跡地に昭和3年に建設され、東京証券取引所ビルとともに証券業界の歴史を担ってきた建造物です。時代とともにリノベーションが施され、現在は当社の本社ビルとしても利用されています。

 今回の評価では、以下の点を高く評価しました。

 (1)2年にわたる省エネ改修工事により、高効率空調機を新たに導入し、専有部全体の照明をLEDに切り替えたほか、Low-eペアガラスやBEMS(※)等の最新の省エネ技術も取り入れ、環境配慮を行っている点
 (2)耐震診断基準に基づく補強により新耐震基準同等レベルを満たしたうえで、さらなる高い耐震性能を目指して耐震補強工事を実施しているほか、防災備蓄倉庫を設置し、周辺の帰宅困難者を想定した受入体制を構築する等、地域を意識した防災対策を行っている点
 (3)既存ビルを85年利用することにより、建築物のライフサイクルコストを低減させるだけでなく、兜町における歴史的価値の保全にも貢献している点

 その結果、「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル」として、「Gold 2013」の認証を付与しました。

 なお、50年超の築年数を有するサステイナブルビルディングに対するDBJ Green Building認証は今回が初となります。DBJ Green Building認証では、世代を超えて社会インフラとしての役割を担い、現代社会に要請される環境配慮を実現しながら、将来にわたって価値を維持していく取り組みを積極的に評価していきます。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、環境や社会に配慮した不動産事業を行うお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。

(※)Building and Energy Management Systemの略。ビルの機器・設備等の運転管理によってエネルギー消費量の削減を図るためのシステムのこと。

(認証物件)
日証館(東京都中央区日本橋兜町1番10号)

日証館
 敷地面積1,278.81m²
 延床面積7,817.46m²
 竣 工昭和3年9月
 構 造地上7階 地下1階

Gold 極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされたビル


DBJ Green Building認証制度につきましてはこちら をご覧ください。


【お問い合わせ先】
 都市開発部 電話番号03-3244-1710

ページ先頭

ページトップへ