ホーム > DBJ News > 2015年09月 > [[News]]大森機械工業(株)のインド企業のM&Aを追加...

DBJ News

2015年09月24日

[[News]]大森機械工業(株)のインド企業のM&Aを追加共同投資で継続支援
-「特定投資業務」を通じたバリューチェーンコア企業の海外展開支援-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、大森機械工業株式会社(本社:埼玉県越谷市、代表取締役社長:大森利夫、以下「大森機械」という。)が行うインド企業の追加株式取得に際し、買収SPCの発行する優先株式の引受を通じ、大森機械との追加共同投資を実施しました。

 大森機械は、「革新的製品生産包装システムを創造し、ユーザー様ご満足の最大化を追求する。それにより企業価値を高め、従業員、地域、国、国際社会に貢献し世界トップメーカーを目指す。」ことを経営理念とし、昭和23年の創業以来、顧客の要望に応えてさまざまな包装機械を提供してきた包装機械メーカーのパイオニアです。難易度の高い包装システム機器を数多く開発するなど、独自に蓄積した高い技術力・ノウハウを有していることから、DBJは大森機械を「バリューチェーンコア企業(注)」に選定しています。

 DBJは、大森機械による平成25年9月のインド包装機械メーカーMulti Pack Systems Private Limited(現Omori India Private Limited、本社:インド グジャラート州、以下「Omori India」という。)の80%の株式取得に際し、共同投資により現地包装機械市場への進出を支援しています。
 今般、Omori Indiaの100%子会社化に際し、DBJが追加共同投資により継続支援を行うことが、バリューチェーン上で重要な役割を担っている大森機械の海外展開を通じた競争力強化およびわが国産業の競争力強化に繋がるものとして、「特定投資業務」を活用しリスクマネーの供給を行うこととしました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。


(注)「バリューチェーンコア企業」:高い技術力を有し、バリューチェーン上で重要な役割を担う企業のこと。詳細は、DBJ Monthly Overview 2013年1月号 今月のトピックス No.185「バリューチェーンコア企業のサポートによる産業競争力強化」参照。
(http://www.dbj.jp/ja/topics/dbj_news/2012/html/0000011826.html)


【お問い合わせ先】
 企業金融第2部 電話番号03-3244-1117

ページ先頭

ページトップへ