ホーム > DBJ News > 2017年03月 > 阿波製紙(株)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実...

DBJ News

2017年03月22日 News

阿波製紙(株)に対し、
「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、阿波製紙株式会社(本社:徳島県徳島市、代表取締役社長:三木康弘、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。四国支店では、「進化する四国ニッチトップ企業応援プログラム」をテーマのひとつとして、海外もしくは国内の特定分野においてトップシェアを有する、または世界レベルの特殊な技術を持つ事業者を、情報面・資金面からサポートしています。

 当社は、大正5年に創業した機械すき和紙メーカーを発端とする、徳島県に本社を置く高機能材メーカーです。長年培ってきた高度な抄紙・加工技術により、時代ニーズに合わせた様々な高機能・高品質な機能材を開発し、現在では自動車フィルター用濾材は国内トップクラスのシェア、分離膜支持体紙は世界トップクラスのシェアを占める、グローバルカンパニーに発展しています。

 本件は、当社が事業基盤の強化を目的として行う設備増強の取り組みを、四国支店地域元気プログラム「進化する四国ニッチトップ企業応援プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決でお客様の信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後も地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   四国支店 業務課 電話番号 087-861-6675

ページ先頭

ページトップへ