ホーム > DBJ News > 2018年02月 > [[News]]太平洋セメント(株)に対し、 「DBJ環境...

DBJ News

2018年02月28日

[[News]]太平洋セメント(株)に対し、
「DBJ環境格付」に基づく融資を実施
-最高ランクの格付を取得-

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:柳正憲、以下「DBJ」という。)は、太平洋セメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:福田修二、以下「当社」という。)に対し、「DBJ環境格付」に基づく融資を実施しました。

 「DBJ環境格付」融資は、DBJが開発したスクリーニングシステム(格付システム)により企業の環境経営度を評点化、優れた企業を選定し、得点に応じて融資条件を設定するという「環境格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニューです。

 当社は、廃棄物の有効活用等を通じて環境負荷低減に大きく貢献するわが国セメント業界のリーディングカンパニーとして、持続可能な地球の未来を拓く先導役をめざし、経済の発展のみならず、環境への配慮、社会への貢献とも調和した事業活動を行うことをグループの経営理念としています。

 今回の格付では、以下の点を高く評価しました。

(1)多様な廃棄物・副産物のセメント原燃料化を促進すると同時に、セメント工場の安定操業をはじめとした製造工程における環境負荷低減を推進していることに加え、新たな社会的価値を創出するための研究開発を推進し、本業を通じた循環型社会の構築に大きく貢献している点
(2)7つの専門委員会からなるCSR推進体制を構築し、各専門委員会のなかで、関連するステークホルダーとの対話を踏まえた重要課題への取り組みを検討し、実効性の高いCSRマネジメントを推進している点
(3)WBCSD-CSI等の国際的な枠組みや有識者とのステークホルダーダイアログ、外部評価機関等多様なステークホルダーとの対話を踏まえ、非財務情報開示に対する潮流を的確に捉まえた先駆的な情報開示を行っている点

 その結果、当社は「環境への配慮に対する取り組みが特に先進的」という最高ランクの格付を取得しました。

DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、環境配慮型経営の促進に向けたお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   企業金融第1部 電話番号 03-3244-1680

ページ先頭

ページトップへ