ホーム > DBJ News > 2018年08月 > 大同プレーンベアリング(株)に対し、「地域元気プログラム(地...

DBJ News

2018年08月13日 News

大同プレーンベアリング(株)に対し、
「地域元気プログラム(地域重要生産拠点支援)」
に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、大同プレーンベアリング株式会社(本社:岐阜県関市、代表取締役社長:伊藤則義、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム(地域重要生産拠点支援)」(通称:「マザー工場応援プログラム」)に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム(地域重要生産拠点支援)」は、主要な工場・研究開発拠点等の地域における継続的な立地を支援すること等を通じて地域を支える企業をサポートするDBJ独自の取り組みです。

 当社は、自動車用エンジン軸受や大型船舶用軸受等で世界シェアトップの大同メタル工業株式会社の100%子会社であり、同社の一部門として自動車用エンジン軸受を製造しています。高い技術力・開発力を背景に高付加価値な軸受製品を製造しつつ、大同メタル工業グループの海外展開のバックアップ支援や人材育成、技術伝承等の拠点ともなっており、同社グループにおけるマザー工場としての役割を担っています。また、当社は岐阜県関市における主要産業の一つである輸送用機械器具製造業を牽引し、雇用の維持・創出に大きく貢献していることから、同地域にとって重要な拠点となっています。

 本件は、大同メタル工業グループの中核拠点である当社において、最新鋭の軸受製造設備を増設する設備投資等について、「地域元気プログラム(地域重要生産拠点支援)」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。


【お問い合わせ先】
   東海支店 電話番号 052-589-6892

ページ先頭

ページトップへ