ホーム > DBJ News > 2019年04月 > [[News]](株)JATへの特定投資業務を活用した出資に...

DBJ News

2019年04月01日

[[News]](株)JATへの特定投資業務を活用した出資について
~関西航空機産業の競争力強化に向けて~

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、株式会社日本エアテツク(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:大山和比古、以下「日本エアテツク」という。)とともに、日本エアテツクが保有する神戸工場および千種工場を会社分割により承継した株式会社JAT(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:大山和比古、以下「JAT」という。)に対して出資しました。

 日本エアテツクは、昭和55年に航空機エンジン部品の加工を開始して以来、高難度部品の加工だけでなく、特殊工程分野への進出やグローバル専門人材の積極的登用等、技術面・人材面での高度化を進めています。平成24年には、次世代主力旅客機の本格的な増産に向けて神戸工場を増設するなど、最新加工設備の積極的な導入も進めています。

 本件は、航空機エンジン事業の更なる拡大を見据える日本エアテツクが、同事業の主力工場である神戸工場および千種工場を会社分割してJATへ承継するにあたり、DBJが成長資金を供給するものです。DBJは、旧日本開発銀行時代より国と緊密に連携しながら行ってきた30年間以上にわたる航空機産業支援で培った知見をもとに、資金以外の面からもJATの事業拡大を後押ししていきます。

 なお、本件は、航空機エンジン事業の更なる拡大を見据えるJATの取り組みが、わが国航空機エンジン産業の競争力強化や関西地域経済の活性化に資すると期待されることから、DBJの「特定投資業務」を活用しサポートを行うこととしました。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後とも「特定投資業務」を通じた成長資金に係る市場の発展や地域経済の活性化、競争力強化に向けたお客様の取り組みを積極的にサポートしてまいります。

 <JAT概要>
     商号:株式会社JAT
     事業開始日:平成31年4月1日
     本社所在地 :兵庫県神戸市
     事業内容 :航空機エンジン部品製造 等
     出資者 :日本エアテツク、DBJ
     代表者 :大山和比古


【お問い合わせ先】
     関西支店 エクイティファイナンスチーム 電話番号 06-4706-6455

ページ先頭

ページトップへ