ホーム > DBJの金融サービス > 融資 > DBJ Green Building認証

DBJ Green Building認証

DBJ Green Building認証とは

DBJ Green Building認証とは、環境・社会への配慮がなされた不動産(以下、「Green Building」)の評価を通じ、事業者と金融機関・投資家の架け橋となることを目的に平成23年4月に日本政策投資銀行(以下、DBJ)が創設した認証制度です。建物の環境性能に加え、当該物件を取り巻く様々なステークホルダーからの社会的要請への配慮等を含めた総合評価を通じて、既存ビルのESG取組を支援しています。

平成26年2月より、認証制度の一層の普及と不動産価値への反映を図るべく、一般財団法人日本不動産研究所(JREI)との間で業務連携を強化し、共同認証体制を構築しました。平成29年8月以降、DBJは運営事務局機能に特化、JREIが独立した認証機関として認証業務を担当しています。認証制度の概要や認証一覧については、共同運営サイト「DBJ Green Building認証」をご覧ください。

目的・理念

我々は、グリーンビルディングを“持続可能な社会実現のためのより良い循環”に貢献する不動産と考えます。不動産を取り巻くステークホルダーからの社会的要請、テナントニーズの多様化等に対応し、「経済性」や「収益性」のみではなく、「環境・社会への配慮」を持つグリーンビルディングへの取組気運が高まっています。DBJでは、優良資産の次世代継承のため、都市インフラとして環境・社会的側面において長期利用可能な不動産を蓄積し、それらの資産を対象とした不動産金融市場の整備・育成へ貢献したいとの想いから、DBJ Green Building認証を運営して参ります。


共同運営サイト「DBJ Green Building認証」

共同運営サイト

ページ先頭

ページトップへ