特定投資業務

特定投資業務とは

特定投資業務とは、民間による成長資金の供給の促進を図るため、国からの一部出資(産投出資)を活用し、企業の競争力強化や地域活性化の観点から、成長資金の供給を時限的・集中的に実施※することを企図して設けられたものです。

2015年6月の特定投資業務開始以降、2019年9月末までに89件の案件に対し、5,904億円の出融資を決定しました。

なお、特定投資業務に関し、法令に基づき、政策目的に沿って行われていること、民業の補完・奨励および適正な競争関係が確保されていること等について客観的な評価・監視等を実施するための体制整備として、金融資本市場や産業界などの社外有識者で構成される「特定投資業務モニタリング・ボード」を取締役会の諮問機関として設置しています。

DBJは、今後とも引き続き、経営資源を有効活用する取り組みや新事業開拓・異業種間等の新たな連携の促進といった企業活動を支援し、地域経済の自立的発展、日本・企業の競争力強化および成長資金市場の発展に貢献していきます。

※政府の「成長資金の供給促進に関する検討会」等において、当面は当行等を活用して民間資金の呼び水とし、新たな資金供給の担い手・市場・投資家を育成、民間主導の資金循環創出につなげることが期待されます。

スキーム

特定投資業務のスキーム 特定投資業務のスキーム