ホーム > お客様の課題解決へ > 財務基盤強化支援 > 資本再構築 > UDSメザニンファンドのケース

UDSメザニンファンドのケース

DBJの取り組み

DBJと三井住友銀行が共同で企業の優先株式や劣後ローン等を引き受けるコーポレート・メザニンファンドを組成しました。
シニアローンとエクイティとの中間に属する優先株、劣後ローン等のメザニンファイナンスは、企業の事業再構築におけるニーズがある一方で資金の出し手は限定的です。本件は、コーポレート・メザニンの引受を行うファンドを組成し、メザニンマーケット育成に本格的に取り組むものとなっています。
当ファンド運営はDBJが担当、三井住友銀行の取引先を中心として、幅広いネットワークから見出される案件が対象となっています。プライベートエクイティファンド等が行う投資業務と、銀行が行う融資業務の隙間を埋め、対象企業に対してシームレスなファイナンスのサポートを実施いたします。

ページ先頭

ページトップへ