バリューチェーンコア企業に関する調査について

 株式会社日本政策投資銀行(代表取締役社長:橋本徹、以下「DBJ」という。)は、技術力があり、バリューチェーン上で重要な役割を担う「バリューチェーンコア企業」に着目した調査を実施しました(詳細については、DBJウェブサイト「今月のトピックス」(http://www.dbj.jp/reportshift/topics/ )掲載の「No.185 バリューチェーンコア企業のサポートによる産業競争力強化」をご参照ください。)。

 DBJは、かねてより産業のバリューチェーン(注)、設備投資計画、技術競争力やものづくり中堅中小企業に関する調査などを通じ、「バリューチェーンコア企業」の重要性について分析し、認識を深めてまいりました。
 そうしたなかで、今般、帝国データバンクに登録されている約450万社の企業情報をもとに、一定の条件でスクリーニングをしたうえで、それら企業の取引構造や技術に関するデータ分析およびヒアリング調査を通じて、「バリューチェーンコア企業」を約100社抽出しました(非上場の独立系、海外取引ありの企業が中心。上場企業も一部含む。)。

 今後、DBJは、抽出した企業に対する更なる調査を実施し、それら企業が持つ課題や、課題解決の方策等の精査を進めるとともに、バリューチェーンコア企業に対する各種サポート策の実施へとつなげてまいりたいと考えております。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~私たちは創造的金融活動による課題解決で、お客さまの信頼を築き、豊かな未来を、ともに実現していきます~」に基づき、今後とも企業の課題解決支援を積極的に行ってまいります。

(注)「バリューチェーン」:購買、製造、物流、販売マーケティング、アフターサービスといった付加価値を生み出す連続したプロセスのこと。

 【お問い合わせ先】
 産業調査部 電話番号03-3244-1823

DBJ News一覧へ戻る