(株)ひびき精機に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施

 株式会社日本政策投資銀行(以下「DBJ」という。)は、株式会社ひびき精機(本社:山口県下関市、代表取締役:松山英治、以下「当社」という。)に対し、「地域元気プログラム」に基づく融資を実施しました。

 「地域元気プログラム」は、地域ごとの強みや潜在力を活かした成長を後押しするDBJ独自の取り組みです。中国支店においては、「中国地域をもっと元気にする三本の矢!」をテーマに、ものづくり産業の競争力強化に加え、社会経済インフラの防災力の強化、医療福祉・情報通信サービスの整備、人材・雇用形態のダイバーシティの促進等の取り組みを、情報面・資金面からサポートしています。

 当社は、1967年に創業したステンレス、アルミ等の金属切削加工を主業とする精密加工事業者です。「技術・技能伝承企業」を志し、継続的な採用と後進育成により成長を続けており、近年は、わが国の製造業の中でも特に国際競争力を有する半導体製造装置産業において、非常に高い技術力をもった職人集団として、高度部品の難加工を実現し、その競争力向上に貢献しています。また、システムの自社開発やTPM活動への取り組みにより、最先端のものづくりを実現し、山口県航空宇宙クラスターの幹事企業として、航空機・宇宙機器産業への本格参入を企図しているほか、同県における再エネ由来水素ステーションの共同開発事業や、やまぐち医療関連推進協議会にも参画し、新規市場の開拓を図っています。

 本件は、当社がこれまで培った技術と知見を、航空宇宙産業、水素エネルギー関連産業および医療機器産業といった新分野にも活かすべく、最新設備の導入や職人育成を積極的に行っている点を評価し「地域元気プログラム」の対象として認定し、融資を実施したものです。

 DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、地域の成長に資するお客様の取り組みを積極的に支援してまいります。


【お問い合わせ先】
   中国支店 業務課 電話番号 082-247-4948


DBJ News一覧へ戻る
]