今月のトピックスNo.173 新造船需要回復時期の考察(バルカー)

日本は、永らく世界一の座にありましたが、現在では、2000年に韓国、2009年に中国に抜かれ、世界第3位になっています。本稿では、これから訪れる船舶需給調整局面を日本が乗り越え、再び活況を取り戻せるかについて考察するに当たり、手持ち工事量の分析と新造船需要の回復時期を推計しました。

関連リンク